プラセンタが陰部の黒ずみ対策になる

動物の胎盤であるプラセンタには栄養分が豊富に含まれていて、
美容関連をはじめ、さまざまな分野で活用されています。
もちろん陰部の黒ずみを改善する美白成分も含まれています。

 

美白効果

プラセンタにはチロシナーゼという成分が含まれていて、
この成分にはメラニンを生成する物質を阻害する作用があります。
これがプラセンタの美白効果で、
プラセンタにはほかにも抗炎作用や活性酸素を消去する作用もあります。

 

また、プラセンタは肌のターンオーバーを促進するので、
メラニンの色素沈殿を軽減します。

 

プラセンタの種類

プラセンタはいくつかの種類があります。
まずは人体系で、これは人体の胎盤から採取しますが、
認証された製薬メーカーだけがこの作業を認められている医薬品です。
なお、医療機関限定で、美容目的での使用はできません。

 

次に牛系は牛の胎盤から採取しますが、以前狂牛病が蔓延したので、
現在は使用禁止です。

 

そこで豚系が使用されていて、豚系プラセンタは医療と美容の目的で使われています。
なお厚生労働省が安全と効能を認証していますが、副作用や特有の臭みがあるので、
今は植物系が注目されています。

 

植物系プラセンタは大豆やライ麦などですが、胎盤ではなく、胚から採取します。
植物の胚には成長や発芽に必要な栄養素が豊富に含まれていますから、
いわば植物の胎盤です。

 

 

プラセンタの使用とリスク

プラセンタは注射やサプリメントで比較的簡単に摂取できます。
医療目的では豚や馬などのプラセンタが多く、
普通に買える健康食品などにも含まれています。

 

製造過程では衛生管理が徹底されていますから、感染症などのリスクはまずないでしょう。
医療関連でのプラセンタによる副作用などの事例は今までに報告されていません。

 

なお、馬は体温が高いので、寄生虫が寄り付きにくいので、
豚系よりも安全であるとされています

 

ただし、健康食品からの摂取では、たんぱく質やアミノ酸も含まれているので、
これらのアレルギー反応には考慮しなければなりません。

 

したがって、黒ずみケアクリームなどを使う前にはパッチテストをするようにしましょう。
陰部の臭い対策