陰部や乳首の黒ずみに効果があるハイドロキノン

ハイドロキノンはかなり危険性を伴う医薬品ですが、
陰部や乳首の黒ずみを早く治す効果があります。

 

ハイドロキノンは危険

ハイドロキノンは高い美白効果があるので、黒ずみを治す事はできます。
ただし、その副作用を考えると、この医薬品を敏感な肌に使うのは危険とされています。

 

つまり効き目は強いのですが、その反面で副作用が問題になります。
確かに黒ずみにハイドロキノンを使うと、メラニンを生産する細胞のメラノサイトを減らす効果があり、
たとえば美白成分とされるプラセンタなどの100倍の効果があるとのことです。
したがって、肌の漂白剤とも言われます。

 

ハイドロキノンは使わないほうが良い

ハイドロキノンをデリケートゾーンなどの敏感な肌に使うのは危険とされていますが、
その理由は効果がある分、刺激が強すぎるのです。
ですから医師の許可や処方が無い限り手を出さないようにしましょう。

 

なお、安全基準は5%未満で、濃度がそれより高い場合は肌を漂白してしまいますから、
黒ずみは消えても、今度は白い斑点ができてしまいます。

 

発癌性のリスクがある

ハイドロキノンを使うと癌や白血病になるリスクがあることが、
動物実験の結果で証明されています。

 

たとえば動物実験で5%の濃度のハイドロキノンを毎日25グラム与えると、
癌を発症しやすくなったとのことです。

 

ただし人体実験はなされておらず、5%未満の濃度というのは
動物実験の結果を踏まえた安全基準のようです。

 

いずれにしても、ハイドロキノンを使う時には皮膚科の医師に相談することが必要でしょう。
あそこ 黒ずみ ケア