陰部が黒ずみ女性のための対策

陰部の黒ずみを対策するのに、デリケートゾーンを正しく洗うことが必要だと分かってはいるが、
どのような石鹸がいいのかが分からないという人に説明しましょう。

 

◆デリケートゾーンにおすすめの成分
石鹸にはいろいろな成分が配合されていますが、そのどれもが汚れを落とすのが目的です。
そこで問題になるのが刺激性で、汚れを落とす力は十分あるが、
デリケートゾーンへの刺激が強いという石鹸は避けるのが賢明です。
つまり、汚れをきちんと落とす一方で
柔らかい粘膜質の皮膚を刺激しない成分がおすすめです。

 

◆どんな洗浄成分を選ぶか
まず、避けなければならないのは、界面活性剤という成分が配合されている石鹸です。
いいですか、勘違いをしないようにしてください。
泡立ちがとても良い石鹸で、界面活性剤が配合されているものが多々あります。
ですから、泡立ちの良さに誤魔化されてはなりません。

 

◆天然成分配合が無難
基本的に、化学成分の界面活性剤は天然成分の石鹸には配合されていないようです。
したがって天然成分が配合されている石鹸を選びますが、もう一つの注意点は、
弱酸性と弱アルカリ性です。
最近増えているのが弱酸性の石鹸で、それはデリケートゾーンの膣内の弱酸性と
pH値が近いからです。

 

ところが、洗浄力の点から見ると、弱酸性石鹸は弱アルカリ性石鹸に及びません。
また、手作りの石鹸は天然成分を使いながらも、製造の工程の関係で弱アルカリ性になります。
先に述べたように弱酸性の石鹸のほうが肌には優しいのですが、
弱アルカリ性のほうが汚れをきちんとおとしてくれます。

 

そうなると、天然成分が配合されていて、なおかつ泡立ちが良く、
洗浄能力に優れている弱アルカリ性の石鹸がおすすめということになります。
さらに付記しますと、このような石鹸を使っても、デリケートゾーンの洗い方が間違っていると、
黒ずみができやすくなります。
つまり、石鹸選びも大切ですが、正しい洗い方をマスターする必要があるのです。